メニュー
20球 日本カタクリ 素掘り苗20球山野草 耐寒性多年草 堅香子

20球 日本カタクリ 素掘り苗20球山野草 耐寒性多年草 堅香子

品番: qoIzX-katakuri20

2021年開花見込み球根 早春の山野草と言えばカタクリ【お届けの形態についてのお知らせ】 カタクリは早春(3〜4月頃)に開花した後、種を付けます。そして夏が来る前(6月頃)に葉茎がすべて枯れて休眠期に入ります。このような生育をする植物をスプリングエフェメラル(春の妖精)と呼びます。 早春から初夏の間...
9,200円  7,800円割引: 15%OFF

アイテム説明

2021年開花見込み球根 早春の山野草と言えばカタクリ

【お届けの形態についてのお知らせ】
カタクリは早春(3〜4月頃)に開花した後、種を付けます。そして夏が来る前(6月頃)に葉茎がすべて枯れて休眠期に入ります。このような生育をする植物をスプリングエフェメラル(春の妖精)と呼びます。
早春から初夏の間に精一杯花を咲かせ、栄養を葉に蓄えて夏から次の早春まで休眠期に入るのです。
6月頃に休眠期に入った株を掘りあげ順次お届けいたします。
右側の写真のように、葉などはついていない、球根の裸苗状態でのお届けとなります。開花終了後の球根ですので、次春の開花見込み株となります。


●商品情報 【山野草】【耐寒性多年草】【山菜苗】【野菜苗】【宿根草】【スプリング・エフェメラル】
商品名:カタクリ(かたくり)
和名:片栗
学名:Erythronium japonicum Decne.
別名:堅香子(かたかご)
●商品説明
「山野草」と聞いて誰もが思い浮かべるのがこのカタクリではないでしょうか? 落ち着いたピンクの花がこうべを垂れて咲くさまは、まるで昭和時代の控えめで上品な女性のよう。
木漏れ日の中に広がる群落も美しく、早春になると、『カタクリの群生地』とされている観光地はたくさんの見物客であふれます。

高さ15センチほど、花の大きさは4〜5センチと、全身に対して花の比率は大きめ。朝日が昇り気温が上がると開花し、夕方になり寒くなると閉じてしまいます。気温が開花に大きく影響する花で、暖かくて晴れた日は開花率が上がります。
種は非常に小さく、長さは2mmほど。蟻の好む物質がついていて、これに引き付けられた蟻が種を運んで行きます。蟻に生息地を広げてもらうなんて、ちょっと変わっていますね。
お料理によく使われる「片栗粉」は、この名前の通り、このカタクリの球根から作られていました。カタクリから作られた「片栗粉」は、消化がよく、上質で、江戸時代では病後の滋養強壮に使われていました。
現在では8割はジャガイモ、2割がサツマイモのでんぷんから作られており、カタクリから作った本物の「片栗粉」は、薬局で漢方薬として販売されています。こういうとお薬のイメージが強くなりますが、実はカタクリは全部食べられる山野草。花や茎葉はお浸しにして味わうことができます。新しい春の山菜として、味わってみてはいかがでしょうか?
実はカタクリは、牛を放し飼いにしている山の中でも群落を作ります。なぜ、牛の歩く場所に群落を作るのか。それは、牛がカタクリの球根を踏みつけるからです。カタクリは1つの球根が砕けると、そこからまた育ちはじめます。開花するまで年数はかかりますが、昔からそれを繰り返しているため、群生地ができるのです。牛がカタクリを育てているなんて面白いでしょう?(笑)
●分類
ユリ科カタクリ属
●分類
多年草
●開花時期
3〜5月
●管理場所
半日陰
●育て方
*庭植えの場合*
木陰などの水はけの良い場所に植えるといいでしょう。
風通しの良い半日陰が理想です。
直射日光、西日にはあてないようにしましょう。
*鉢植えの場合*
風通しの良い半日陰で管理します。
水持ちの良い土を選び、鉢は深めのものを選びます。
直射日光、西日にはあてないようにしましょう。
*鉢植えの水やり*
水やりは乾いたら与える程度にします。
過湿や蒸れを嫌います。
*肥料*
3〜6月あたりに置き肥、秋に液肥。
肥料を与えると花つきがよくなります。
その他の関連商品はこち ら